楽しいおいしい給食

ひばりヶ丘幼稚園では、『食育』を大切に考えています。
絵本を通じて食事の大切さを感じ、園内で給食を作ることで食事への興味・関心を持ち、
作ってくださる方への感謝の気持ちを育てるようにしています。

自園給食は週3回(月・木・金)で、栄養士・補助の方・お手伝いのお母様3名が、
園内の給食室でほっかほっかの昼食を作っています。
お母様方は、毎回交代で、年に2回ほどまわってきますが、お母様方も、
とても楽しみにして参加いただいています。

お弁当を配ぜんする園も多いですが、当園では、お母様方と園内で作ることによって、

  • 子どもたちが給食を作る過程に興味を持つようになり、作った方への感謝の気持ちを直接伝えられます。
  • 一人ひとりの心の変化、体調や性格に応じて、その都度盛り付ける量を調節でき、
    完食できたという自信を持つことにより、徐々に苦手なものも食べられるようになります。
  • 化学調味料は一切使わず、一つ一つ手作り。ほかほかの適温提供。
  • お当番のお母様は自分の子どものクラスで一緒に椅子を並べて同じものを食べます。
  • 給食が苦手な子でも栄養士自らその子の性格にあった声かけをすることで徐々に苦手意識をなくすことができます。